平成17年10月23日 天皇皇后両陛下行幸啓



去る平成17年10月23日。やや冬めいてきた秋風の吹く中、天皇皇后両陛下は長島大橋を渡り、長島愛生園、邑久光明園のある長島の地にはじめて足跡を残されました。
今回の行幸啓は、岡山県下で行われる第60回国民体育大会秋季大会の開催にあたり、開会式への両陛下の御出席に合わせて実現したものでした。



お出迎えを受けられる
天皇皇后両陛下

入所者の声に耳を
お傾けになる皇后陛下

入所者の方々との
懇談会の様子

入所者の手をお取りになり
熱心にご懇談される皇后陛下
長島を訪れた天皇皇后両陛下は、まず長島愛生園園長・藤田邦雄氏の先導で、長島愛生園をご訪問されました。

長島愛生園入所者自治会会長、副会長の他、厚生労働省医政局長や瀬戸内市長、瀬戸内市議会議長がお出迎えしました。
施設の概要について園長からご説明をお受けになったのち、納骨堂に赴かれ、安らかに眠る御霊にご供花されました。
その後、愛生会館に移動し、入所者の方々とご懇談になりました。

ご懇談では、入所者一人ずつから丁寧にお話しを聞いて回られ、時には入所者の方が話しやすいように両陛下自らおひざまずきになるなど、両陛下のお優しい気持ちが伝わってくる席となりました。


長島愛生園をお発ちになった後、邑久光明園を訪問されました。

邑久光明園園長・牧野正直氏の先導で、邑久光明園管理棟前に到着された両陛下は、邑久光明園入所者自治会会長、副会長のお出迎えににこやかな笑顔でお応えになり、棟内にお入りになりました。

園長による園の概要説明をお聞きになった後、納骨堂でご供花され、深々と一礼され、しばし黙礼をされました。
その後、入所者の方々とご懇談をされるため、光明会館に向かわれました。

入所者の話をお聞きになる時には、ご自分から姿勢を低くされ、話しやすいように、とのご配慮をしておられました。
また、ご訪問前から邑久光明園の入所者の方の写真集と詩集をお持ちになっておられた皇后陛下は、作者の二人ともご懇談になり、作品集をご持参になられたことなどをお話しになりました。

ご懇談を終えられた両陛下は、入所者と職員が手にしたたくさんの日の丸の小旗が振られる中、丁寧にお手をお振りになり、長島の地を後にされました。
入所者の声に耳を
お傾けになる天皇陛下

邑久光明園にご到着の
両陛下

話しやすいように低い姿勢で
ご懇談される天皇陛下

入所者のお見送りに
にこやかに手を振られる両陛下